shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

ノイジーマイノリティとサイレントマジョリティ

正義感を前面に押し出して何かを批判する人たちの姿を見ると「またか。」と残念な気持ちになる。そしてそれに真摯に対応する企業や一部の著名人を見て「おつかれさまです。」と同情してしまう。

 

そう思う人は少なくないはずだ。

 

 ノイジーマイノリティとサイレントマジョリティという言葉がある通り、正義感を前面に押し出して批判する人たちというのは、かなりの少数派と見ていい。たまにクレーマーと呼ばれる人に遭遇することがあるが、その割合と同じぐらい少ないと思っている。

 

しかしネットやテレビの影響力の大きさから、実態よりも大きな声と感じてしまい、あたかも日本国民の過半数が同じように思っていると錯覚してしまう。その結果、謝罪文書の提出や謝罪会見などに発展する。放っておけばいいのに。

 

正直芸能人の不倫なんてどうでもいい。少しのクレームなんて気にするな。そう思っている人はたくさんいるはずだ。そんなことを「問題」として煽り、トップニュースに持ってくるメディアも実態を見抜けていないのではないか。結果として日本の民度を下げてしまうという悪循環に陥っているにように思えてならない。

 

 

外部の情報に影響されやすい今だからこそ、自分の判断基準をしっかり持たなければならない。

 

今日もとあるニュースでそう感じた。