読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

打開策が見つからない。人に会うしかない。

やるべきことはかなり絞られている。目標も明確に見えている。でもなぜだろう、この前に進まない感は。

 

 

最近視野が狭くなってきているように思う。大阪にいたときは色んな人に会って複数の事業を掛け持ちしていたので、目新しい情報や人から得る刺激が少なからずあった。

 

この頃それがない。

 

やるべきことに集中できているというメリットはある。枝葉のことは外注に出したり、計画を練った後の実行段階では本社のメンバーの力を借りるなどして、自分がやらなくてもいいものは極力まわりにお願いをしている。自分がやる仕事も一つに絞り込んだ。

 

だから最近は自分のやるべきことだけに集中できる環境ではある。すごくいい環境だ。しかしながら、ドツボにはまって抜け出せないでいる。

 

どんどん煮詰まっている気がする。目の前に大きな壁があるんだけれども、それを乗り越えるための効果的な打開策が全然浮かばない。かれこれ一週間ぐらい同じ問題で立ち止まっている。根本的な解決策が出てこない。

 

しかし、こういう状況も、人と会うと打開できることがある。

 

先週、久しぶりに仕事とは全然関係のない前職の同僚に会った。その時の会話の中から、少しだけヒントをもらった。人から得られる情報ほど新しい気付きをもたらしてくれるものはない。

 

せっかく東京にいて色んな人がいるのだから、もう少し外部の人と接触して新しい情報を取り込んでみよう。

 

そこから打開策が見えてくるかもしれない。