読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

成功しているから自己肯定感が強いのか、自己肯定感が強いから成功するのか。

今朝、こんな記事が東洋経済オンラインに掲載されていました。

toyokeizai.net

 自己肯定感を高めることは確かに重要だと思う。

 

経営者は総じて自分に自信を持っている。いくつもの困難を乗り越えてきたから、自ずと自信がつくのだろう。そんな経営者でも、失敗したことはたくさんあるだろうし、自信をなくしたこともあっただろうと思う。ただ、経営者が経営者たるゆえんは、失敗しても、自信をなくしても、諦めなかったからだ。「おれならできる」「従業員を路頭に迷わせるわけにはいかない」そんな自信や責任感があったから諦めずに続けてこれたのだろう。

 

自己肯定感とは、自分が進む道を信じることや、これまでやってきたことを信じることである。であれば、成功する前から持っておかなければいけないマインドなのだろう。

 

自信をなくしそうになった時こそ、自己肯定感を高めよう。それが成功するための条件だ。