shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

きっかけを掴むためのブレイクスルーポイントはどこ?

何をちまちまやっているんだろう。そう思う今日この頃。何をやるにしてもブレイクスルーポイントがあるはず。そのポイントはどこなのか・・・未だ見えず。

 何か新しいことを始めて最初の頃は、なかなか上達しないですよね。でも、きっかけを掴むと一気に伸びるという経験は誰もがあるはず。そのきっかけ=「ブレイクスルーポイント」はいつやってくるのか。それを今か今かと手ぐすねを引いている今日この頃です。

 

僕の場合、初めて「ブレイクスルーポイント」を味わったのは小学校1年生の頃。サッカーを始めたての僕は、父とこんな約束をしました。

 

「2月中にリフティングを10回できるようになる。」

 

この約束をしたのが2月の初旬だったので、それから毎日学校から帰って近くの公園でリフティングの練習を始めました。しかし、やってもやってもうまくいかない。3週間ほど経ってやっと7回ぐらいまでできるようになりましたが、そこから先に進まない。いつまでたっても7回どまり。結局、2月の最後の日を迎えても7回しかできませんでした。

 

最終日、いつものように公園で練習をしていましたが、夜遅くなってボールが見えなくなったので、約束の10回に到達しなかったけど家に帰ろうと思い公園の外に向かって歩き出しました。公園を出る直前、「最後に1回だけトライしよう。」と思って公園の出口で何気なく1回トライしたところ、なんと10回を達成することができたのです。

 

そのまま続ければいいのにあまりにびっくりして、10回できたと同時にボールを手に取ってしまいました。その瞬間、自然と涙が出てきて、ダッシュで家に帰り、父に泣きながら報告した時のことを今でも鮮明に覚えています。

 

そしてそのまま3月に入ると、今までの苦労が嘘みたいに、すぐに50回、100回、200回とできるようになり、サッカーがどんどんうまくなっていきました。

 

実は今の仕事でも同じような状況に直面していて、「ブレイクスルーポイント」を掴むために色々模索しています。

 

リフティングのように自分がひたすら練習したら乗り越えられるようなものでもないので、試行錯誤の連続ですが、行動が裏目に出つつあり、暗闇の中に吸い込まれそうです。。。

 

さて、どうしたものか。達成感を味わうためにもここは乗り越えなければならないところですが。。。