読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

企業は就活生の「学歴」だけでなく「成績」も見るようになってきています。

大学 採用 キャリア

日本社会は大学を「偏差値」で判断することが普通ですが、昨今の企業の新卒採用活動の激化により、その傾向が少しづつ変化しています。「偏差値」だけでなく「成績」を見るようになってきました。

 新卒採用活動が激化し、どの企業も優秀な学生を採用しようとあの手この手を使っています。それに伴いたくさんの採用方法や採用基準が設定されては見直されという状態が続いています。

 

その中で変わっていない判断基準は「学歴」です。そしてそれに加え、最近大学の成績表を判断基準にする企業が増えつつあります。

 

その背景には、エントリーシートや面接で学生時代に頑張ったことなどを聞いても、どの学生も同じ話ばかりで、判断基準にならないということがあります。話によっては本当かどうかも分からないし、その日の話し方によって印象が変わってしまうこともあります。

 

そのような状況を改善し、より正確な判断基準を設定するため、「学歴」に加え「成績表」の活用が注目され始めています。

 

成績表はGPAだけを見ているわけではありません。成績表を利用し学生と話をしていく中で、学生の履修内容などから興味関心を引き出し、自社で活躍してもらえる場所があるかを判断するために使う場合もあります。

 

売り手市場では、いかに学生に興味を持ってもらうかが企業にとって重要です。そのため、学生の興味関心を探る材料としても使用されています。