shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

僕がもし就職活動をするとしたら「エゴグラム」と「ストレングスファインダー」の結果を持っていく

こんにちは。shinround(@shinround)です。

 

正直大学生のうちにこんなことは思いもしないでしょうが、僕が就職活動をするんだったら、これも一緒に持っていきます。もしこれから転職活動をするんだったら、絶対に提出しますよ。

 

 

エゴグラム」とは性格診断テストのひとつ。企業が採用活動や社員教育などで使っているメジャーなテストです。就職活動中に性格診断テストを受ける機会があったとしたら、これを受けている可能性は高いです。

 

「ストレングスファインダー」とは、自分の長所を見つけるためのテスト。本になってます。

 

これらは結構信頼性の高い結果を出してくれるので、僕は自分の性格を客観的に判断するための材料にしています。

 

で、本題に戻ります。

 

 

結局ですね、いくら面接で話をしても分からないんですよ。その人の人間性なんて。会社も法人なんで、人格があります。人格がある以上、自分に合った人が入社してほしい。そして求職者もそう。できるだけ自分に合った会社に入社したい。

 

だから色々な形で面接をし、慎重に人を選んでいくんです。もちろん学生もそこで人事の人や会社の雰囲気を確かめます。そして、もしその会社の選考に落ちたからと言って、目の前の学生に致命的な欠点があるわけではない。ただ自社の社風(人格)に合わなかっただけかもしれないし、自己PRがうまくできなかっただけなんです。

 

採用活動をする人も就職活動をする学生も、できるだけ効率的に活動を終わらせたいと考えるものです。だから、「あ。この人はうちの会社に合うかも」という事前情報があれば、あとは足りないところを面接で補って、「はい入社。」としたいんじゃないかと。

 

そこで僕は考えました。

 

履歴書と一緒にエゴグラム「ストレングスファインダー」の結果を持っていこうと。

 

 

最初に言いましたが、エゴグラムとは性格診断テストのひとつ。会社でも使われていて、就職活動中に知らず知らずのうちに受けている学生も多いのではないかと思います。

 

ちなみに僕の結果はこんな感じ。以前病院で検査した時の結果です。

 

f:id:shinround:20170126083406j:plain

 

この折れ線グラフの形が重要で、いくつかのパターンの中から一番近いと思われる形状を探します。その形状により、その人がどんな性格なのかを見極めるというものです。

 

僕の性格はというと・・・

 

AC低位型

f:id:shinround:20170126083723j:plain

 

逆N型Ⅰ

f:id:shinround:20170126083756j:plain

この辺らしいです。個人的にはAC低位型に近そうですが、医学的に言うとこの辺とのこと。

 

ちなみに、各要素の特徴はこんな感じ。

f:id:shinround:20170126083950j:plain

 

そしてストレングスファインダーの結果がこれ。自分の長所を5個出してくれます。かなり長いですが、全てコピペします。

 

包含

「もっと輪を広げよう。」これはあなたが人生の基本としている信念です。あなたは人々をグループの中に包含し、その一員であると感じさせたいのです。選ばれた者だけのグループを好む人たちとは正反対です。あなたは他の人を寄せ付けないこのようなグループとの関わりを積極的に避けます。 あなたはグループの輪を広げ、できるだけ多くの人がグループに支えられることによる恩恵を受けられるようにしたいと考えています。あなたは、誰かがグループの外側から中を覗いているような光景を嫌悪します。あなたは彼らが暖かさを感じることができるように、彼らを中に引き入れたいと思います。あなたは、本能的に寛容性を持っている人です。人種、性別、国籍、性格や宗教がどうであれ、あなたは人をほとんど批判しません。批判を与えることは、人の感情を傷つけるかもしれません。必要もないのに、なぜそんなことをしなければならないのでしょうか? あなたの包含という資質は、「人はそれぞれ違っており、その違いに敬意を払うべきだ」という信念に必ずしも基づいているわけではありません。むしろ、人は基本的に皆同じであるという確信に基づいています。人は、皆同じように重要なのです。ですから、誰一人として無視されてはいけないのです。私たち一人ひとりがグループに含まれるべきです。私たちは皆、少なくともそれに値するのです。

集心

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

原点思考

あなたは過去を振り返ります。そこに答えがあるから過去を振り返ります。現在を理解するために、過去を振り返ります。あなたの見方からすると、現在は不安定で、訳の分からない喧騒が入り乱れています。現在が安定を取り戻すには、過ぎ去った時――すなわち計画が立てられたとき――に心を向けてみる以外方法はありません。過去は今より分かりやすく、計画の基礎が築かれたときです。振り返ると、計画の原型が現れるのが見えてきます。そしてあなたは、初めの意図が何であったのかを知ります。この原型、あるいは意図はあまりにも飾り立てられてしまって、本来の姿がほとんど認識できなくなっていますが、この原点思考という資質によって、これらが再び現れます。このようにして原型や意図を理解することは、あなたに自信を与えます。あなたは元々の考え方を知っているので、もはや方向を見失うことなく、より適切な判断を下すことができます。仲間や同僚がどのようにして今のようになったかを知っているので、あなたはより一層彼らの良きパートナーとなります。過去に蒔かれた種を理解しているために、あなたは自然に将来をよく見通すことができるようになります。初対面の人や新しい状況に直面すると、自分をそれに適応させるのにある程度の時間を必要とするでしょうが、その時間を取ることを心掛けなければなりません。あなたは原型が表面に浮かび上がるような質問が必ずできなければなりません。なぜならば状況がどうであれ、過去の原型を見たことがなければ、あなたの決断に自信が持てないことになるからです。

分析思考 

分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝える時、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。

アレンジ

あなたは指揮者です。たくさんの要素を含む複雑な状況に直面すると、最も生産性の高い組み合わせにそれらをアレンジしたと確信するまで、何度も並び替えを繰り返し、全ての要素を自分で管理することを楽しみます。あなたは、自分の行為を特別ではないと考えています。あなたは、物事を行うのに最良の方法を見つけ出そうとしているに過ぎません。しかしこのような資質を備えていない人はあなたの器用さに感嘆し、「そんなに多くの事を、どうやって一度に考えられるのですか?」と訊くでしょう。「どうしたらそんなに柔軟でいられるのですか。たった今思いついたことを新しくアレンジするために、既に十分練った計画を棚上げすることができるなんて?」。でも、あなたはこれ以外の行動の仕方など想像することができません。旅行の直前に、急にもっと割安な運賃が利用できることになって予定を変更する場合でも、新しいプロジェクトを成功させるために、人材と資源の適切な組み合わせをじっくり考える場合でも、あなたは柔軟性を効果的に発揮するという点で素晴らしいお手本です。単純なことから複雑なことまで、あなたはいつも最善の「構成」を探します。変化の激しい状況でこそ、あなたはベストを発揮できます。予期せぬ事態に直面すると、苦心して立てた計画を変えることはできないと文句を言う人もいれば、現行の規則や手続きを盾にして逃げる人もいます。あなたは、そのどちらでもありません。それどころか、あなたは混乱の中に飛び込み、新しい選択肢を工夫し、抵抗が最も少ない新たな道を探し求め、新しい協調関係を見つけ出します。結局のところ、もっと良い方法があるかもしれないと思うので、そうするのです。

 

こんな感じ。

 

これらを履歴書と一緒に持っていったら、自分では説明できない長所や特徴を的確に言い表してくれるんじゃないかと。そして、こんなものを提出する学生なんて普通はいないので、かなりの確率で興味を持ってくれるんじゃないかと思うんです。

 

多分人事も「こういう性格だったらこの部署で使えるな」とか「こんな形で教育したら戦力になるな」と事前にイメージしてくれるんじゃないか。そうすると、意外と自分に合った会社に入社でき、自分に合った部署に配属されるかもしれないわけです。

 

最後に「エゴグラム」と「ストレングスファインダー」をどうやって受けるかということをご紹介。

 

エゴグラム」は、検索すると色んな無料診断サイトが出てきますが、信頼性を重視すべきなので、医療機関で受診した方がいいと思われます。ネット上で一番信頼性が高そうなサイトはこれ。(あくまで私の個人的見解です。)

◆エゴグラム改 性格診断 心理テスト 無料(心理学)

 

「ストレングスファインダー」は、僕の場合は本を買って診断しました。古本じゃダメです。新刊にアクセスコードが付いているので、それを使用しなければいけません。参考サイトはこちら。

strengths-labo.com

 

自分のことを知るには手っ取り早いですよ。是非おすすめします。