読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinroundのキャリアノート

~大学の知を社会へ~

大学

大学に求めるものは「教育力」?

大学に求められるものは「教育力」。そんな風潮が年々強まっています。高校の進路指導教員の評判を加味した大学ランキングが発表されたり、大手学習塾が大学のアクティブラーニング調査をして大学の教育力を分析してみたり。

言語の壁がなくなった時、日本人の価値が低下する

Skypeで日本語を英語に翻訳してくれるようになったり、ベトナムが第一外国語を試験的に日本語にしたりと、言語の壁がどんどんなくなっていきます。

優秀な先生の海外流出

昨日、以前お世話になったことのある先生がTwitter上で海外の大学に転籍すると公表した。 一連の投稿はリツイートなどを通して拡散し、僕の元にも届いた。事前に聞いていたとはいえ、教育に研究にとても熱心な先生という印象があったので、なんだかさみしい…

大学の講義を見学しながら考えたこと

今日、縁あって、とある大学の講義の見学に行ってきました。受講生のほとんどは1年生。今年入学したばかりの学生達です。

「学位プログラム」策定の重要性

大学教育を実践的な教育の場にするための一つの策として「学位プログラム」というものがある。 「学位プログラム」とは、学生が学位を取得するために履修する必要がある科目の組み合わせのことを言い、学生にどのような知識・能力を付与するかを予め設定して…

人工知能(東ロボ)が大学入試を突破する日、社会では何が起きるのか?

国立情報学研究所は2015年、AI(東ロボ)にセンター試験を受けさせました。その結果、上位20%の成績を修め、大学の半数以上に合格する確率が80%と推定されました。

「国立大学法人等の平成27事業年度決算について」の中身

文部科学省が国立大学法人及び大学共同利用機関法人の2015事業年度決算を発表しました。経常費用は2014年度と比べ、481億円増、経常収益は2014年度と比べ572億円増とのこと。

大学の隠れた課題「退学率」

大学経営の根幹にかかわる入学者数や就職率。実はそれと並ぶ重要指標が「退学率」です。大学は退学率をいかに下げるかが経営上とても重要ですが、入学者数や就職率に比べてあまり話題に上がることはありません。

筑波大学吉武先生の最終講義に行ってきました

ある人に誘われて筑波大学ビジネスサイエンス系教授の吉武先生の最終講義に行ってきました。 テーマは「社会に支持され続ける大学であるために~ガバナンスとマネジメントの観点から大学改革を考える~」でした。

何をしたいかではなく、どう思われたいかを考えてしまう就活生

池袋サンシャインシティのタリーズコーヒーで仕事をしていた時のこと。隣に就活生が二人並んで座っていて、これから始まる就職活動について話していました。

高卒採用が増えている!?

今朝の東洋経済オンラインに出ていた記事。 toyokeizai.net これ、僕の身の回りにも起き始めています。

「大学教員」とは何か

大学教員と話す機会が増えれば増えるほど、この疑問が大きくなっていく。教員の役割について見解が人それぞれであることには毎回驚かされる。

企業の採用費を大学への投資に変える仕組みを考え中

そんなこと簡単にできないとわかっていても、つい考えてしまうんですよね、この仕組み。

「偏差値」ではなく「学部」で大学を見てみる

昨日は偏差値の代わりに成績表を見るというブログを書きましたが、今日はこのトピックについて考えたいと思います。

企業は就活生の「学歴」だけでなく「成績」も見るようになってきています。

日本社会は大学を「偏差値」で判断することが普通ですが、昨今の企業の新卒採用活動の激化により、その傾向が少しづつ変化しています。「偏差値」だけでなく「成績」を見るようになってきました。

大学も生き残りを賭けて動き出している

今日、とある有名私立大学に行ってきたのですが、大学の生き残りを賭けて色々と新たな取り組みをしていました。 今日訪問した大学は、「貴学はそんなに真剣に取り組まなくても十分安泰でしょう。」と言えるような大学です。それでも競争の波にさらされている…

とある准教授のぼやき

今日の午後、とある大学の准教授と話し込んでいた。院に進学してくる学生の質が、ここ数年でどんどん下がっているらしい。どうせ教えるなら、やる気のある学生を教えたいとのことで、外国人留学生を募集しようとしているとのことだ。

建築学部生向けにコンペを開催することにしました

今年の6月に大学の建築学部生向けにデザインコンペを開催することにしました。内容は京都北部のリゾート施設のインテリアデザインコンテストです。

東京工業大学で見つけた理想的な研究室

今日も東京工業大学に行ってきました。ある先生と打ち合わせをしていたのですが、よくよく話を聞いてみると、とても理想的な研究室の体制だったので、少し中身を紹介します。

国立大学悲喜こもごも

今日は国立大学の合格発表日だったようですね。たまたま東京工業大学と一橋大学に行く用事があったので、大学に行ってから初めて知りました。

専門教育とキャリア教育を結び付けよう

大学から専門性の高い人材を輩出するためには、質の高い教育と同時に専門性を活かして社会に進出する仕組みが必要です。僕たちはそのための仕組みづくりをしています。

大学教員の評価制度について調べてみました

大学の先生に僕たちがどのような価値を提供すればいいのかを考えていて、「そうだ!大学教員の評価制度を見てから考えよう!」と思いついたので、ネットで色々探してみました。

大学は専門家集団のはずなのになぜ課題が多いのか

今日も最低限やることを終わらせて、ビジネスモデルの再構築をしていました。 専門家に聞かなければ分からない問題点以外は方針を固めることができたので、あとは後日相談して、最終決定しようと思います。

「求める人物像」を定義できていますか?

3月1日。就職活動が正式に始まりました。今日からナビサイトがオープンし、各地で説明会が開催されています。 今更このエントリーはどうかと思うけれど、まだ定義できていいない企業もあるかもしれないので、ここで「求める人物像」を定義した方がいい3つ…

企業人は論文を読もう、そして専門家(大学の先生)の知恵を借りよう。

最近、自社サービスに関連する論文を読んだり、大学の先生の力を借りながら自社サービスの改善を図っています。 大学の知見を借りるとサービスの改善スピードが速くなり、改善の道筋も立ちやすいということが分かり、最近は毎週何かしらの論文に当たり、大学…

Googleの採用基準

今日、新卒採用に関するいくつかの論文を読んでいて、おもしろいものを見つけたので引用して紹介します。

「採用学」読了。

先日のエントリーでも書きましたが、「採用学」著者の服部先生の講演に行ってきました。実際に講演を聞いてから、やはり本が読みたくなったので、早速読んでみました。本を読んでから講演に行けよって話なのですが。。。 (先日のエントリーはこちら↓) shin…

大学教育と高校までの教育の違い

先日東京学芸大学の先生と話をしていた時のこと。大学教育と高校までの教育の違いを端的に教えてもらいました。

民間人が考える大学生の卒業制作の評価ポイント~日本大学生産工学部創生デザイン学科の場合~

今日、縁あって日本大学生産工学部創生デザイン学科の卒業展示を見に行ってきました。お誘いを受けたので何気なく見に行ったのですが、それを通して色々な事を感じ取ることができました。

徐々に注目されつつある「eポートフォリオ」とは

今日、東京学芸大学に行ってきました。「eポートフォリオ」の第一人者、森本先生に会うためです。とても気さくな方で色んな事を教えてくれました。

マージナル大学に必要とされていること

先日、FD(ファカルティ・ディベロップメント)研修会に参加したときに「マージナル大学」について考えるきっかけがありました。 そこで、マージナル大学とは何なのか。マージナル大学に期待されていることは何なのかを考えてみたいと思います。

高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)に参加してきました。

先日、高等教育問題研究会・FMICS(フミックス)の研究会に参加してきました。 fmics.sblo.jp

大学無償化の焦点

先日大学無償化のニュースを目にしました。今は元記事が削除されているので、どこまで検討されているのか分かりませんが、自分なりに大学無償化の導入施策について考えてみたいと思います。

東京工業大学融合理工学系に見る「学際」の未来

今日、用事があって東京工業大学融合理工学系の先生に会ってきました。融合理工学系は最近新設された、いわゆる学際的な学系です。 多くの大学で「学際」というキーワードを意識した学部が多く新設されているので、今日は「学際」について考えてみたいと思い…

「大学の知を社会へ」

僕の今の活動の全ては「大学の知を社会へ」という目的のためにあります。

ファカルティ・ディベロップメント(FD)研修会に参加してみた

大学教員でも大学職員でもないけれど、先日都内某大学で実施された公開ファカルティ・ディベロップメント(FD)研修会に参加しました。「公開」と言いつつ、100名を超える参加者のうち、外部の人間は僕含めて数名で、残りはほとんどが主催大学の先生方でしたが…

海外の事例に見る学歴の重要性

アメリカやシンガポールなど、海外では大学に対する社会の評価が高く、日本に比べて学歴を重要視する傾向が強いです。

大学の収益構造から、各大学が目指していることを考えてみた。

こんばんは。shinround(@shinround)です。今日は寒かったですね。僕が住んでいる東京都練馬区はみぞれが降っていました。あなたの家の周りは大丈夫でしたか?

産業界のニーズを見事に汲み取った「明治大学総合数理学部」

こんばんは。shinround(@shinround)です。 先日、明治大学総合数理学部の先生とお会いする機会がありました。この学部は東京都中野区の中野駅から徒歩5分ほどの場所にある新しい学部です。2013年に新設されたばかりなので今の4年生が初代卒業生です。

【就職活動目前の大学生へ】BtoB企業の探し方

こんばんは。shinround(@shinround)です。もうすぐ就職活動が始まりますね。この仕事をしていると、学生からは大体同じような質問を受けるのですが、そのうちの一つで「BtoBの企業をどうやって探せばいいですか?」ということをよく聞かれるので、就職活動…

大学生の本分を企業が理解し評価する仕組みが必要だと思う

こんばんは。shinround(@shinround)です。 ブログを書くためにはてなブログを開くと、トップページにこのエントリーが掲載されていました。 copywriterseyes.hatenablog.jp

大学教育関連で僕が注目している学会、大学教員、大学職員、企業のネットワーク

こんばんは。shinround(@shinround)です。昨日のエントリーで大学教員の方々、大学職員の方々が集まる団体のイベントなどに積極的に出ていこうと書きました。 僕が探しているのは教育に力を入れている先生方、職員の方々が集まっている団体なんですが、この…

大学教員、大学職員の方々が集まる場所に出ていこう

自分がやり遂げたい目的を達成するためには、仲間が必要です。最近僕は、会社のメンバーは目的を達成するための同志だと考えるようになってきました。

理系大学生よ、金融業界も理系人材を求めている

ある財閥系の金融機関の採用担当者と話していたときのこと。その採用担当者は、 「理系人材がほしい。業界構造が変わってきて、IT企業などが競合になりつつある。ITの知識、スキルを持った人材を採用する必要が出てきた。」 と話していました。

「大学に行く意味はあるのか?」(授業編)

おはようございます。shinround(@shinround)です。関内のアパホテルにいます。 引き出しを開けると、今話題の歴史観に関する図書が入っています。安定のアパホテル。さすがです。

「大学に行く意味はあるのか?」(学位編)

こんばんは。shinround(@shinround)です。今夜は横浜関内から。この辺、火事で物凄いことになっています。消防車が至る所に溢れ返っているのですが、サイレンが鳴っていないところを見ると、もう鎮火したのかな?よかったよかった。

【「COC+」継続的な就職の仕組み】地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(4)

おは~。shinround(@shinround)です。今日は茨木の自宅からお送りしています。 昨日は高校時代のサッカー部の飲み会。僕は福岡県の高校だったんですけど、今関西に住んでいるサッカー部のメンバーが梅田に集まったんです。昔話や現在進行中の話で大盛り上が…

【「COC+」若手人材定着のために必要な2つのポイント】地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(3)

マックからこんにちは。shinround(@shinround)です。今日は引っ越し準備のあと、飲み会まで時間が余ったので近くのマクドナルドでブログを書いています。 ここのマックは店の立地上、子供が多いんです。友達同士集まって勉強している姿が目につきます。住宅…

【「COC+」地元企業への就職のために】地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(2)

雨の中からこんばんは。shinround(@shinround)です。今日は昨日のエントリーの続き。昨日は眠かったからね。今日は少し早く帰ってきましたよ。

【「COC+」成功の3つのポイント】地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(1)

こんばんは、shinround(@shinround)です。今日は仕事が遅くなってしまい、こんな時間からブログを書き始めました。眠い・・・眠すぎる・・・。 バスの時間が合わなかったせいで帰りが遅くなってしまったし。